MENU
学びっ人村は、埼玉県幸手市の田んぼの中に建つアトリエ。
田んぼや原っぱなどの自然の中のびのびと、
フィールドワークや工作・キャンプ・研修・ワークショップなど
アート体験や・造形を活用した学習ができる教室です。

子ども向け、親子向け、シニア向け、ビジネス研修の3つのプログラムがあります。
ソロ・ぞろアートキャンプ
※ページ準備中

※ページ準備中
保育士・幼稚園教諭の為のアートワークショップ
※ページ準備中


※ページ準備中

幸手駅改札口ギャラリー

地元幸手市役所の秘書課シティプロモーション担当と協力して、幸手駅や幸手市役所などで、現代美術のアーティストの展示や不定期のパフォーマンスを行っています。どうぞいつもとちょっと違う幸手をお楽しみ下さい。

最新の情報、詳細については、幸手市役所の以下ページを御覧ください。
埼玉県幸手市ホームページ「幸手駅東西自由通路改札口ギャラリー」ページ

2020年11月30日まで 子ども達の展示
第一弾 深井 桂樹 (ふかい けいじゅ)氏によるパフォーマンス 

すべてのプログラムのカレンダーです。見学もできますので、お気軽にお問合せ下さい。


学びっ人村代表 /NPO法人アート体験協会代表 / 彫刻家
WEB: http://kobabiken.com/

1957 年生まれ 東京藝術大学大学院彫刻科修了。
1988 年から 2003 年頃まで、宮城県を中心に彫刻家として全国の公共空間に石のモニュメントを多数制作。個展も多数開催。
2003 年からアトリエを実家のある埼玉県幸手市に移し、公立中学校の美術教諭を9年間務めたの をきっかけに、美術教育の大切さを実感して、子どもたち向けのワークショップを開催し始める。
五教科だけを大切にする教育方針に疑念を持ち、想像性の乏しい子どもたちに対して体験を重視したカリキュラムで学習できる学びっ人塾を開設する。
また、バーチャルな時代だからこそ体験することの素晴らしさを実感してもらいたいという思いから企業研修にアートを取り入れ、アート体験を通し人間力の基礎となる “ 表現する ” ことの楽しさ を体感できる研修を模索している。

2012 年~ 2017 年 長岡造形大学大学院非常勤講師にてアート研修を実施
2017 年~ 2019 年 幸手アートさんぽ展(埼玉県)において、地域とアートのあり方や現代社会の中でのアートの必要性などについての実績を重ねている。

PAGE TOP